カードローンを使いたい!金利って何ですか?

お金に困っていると、金融機関の広告やCMが気になります。お金を借りることを悪いことと思っている人は多いです。
しかし、上手に金融機関を利用することで、今よりも生活が楽になることがあります。ここでは金融機関の上手な使い方を紹介します。

金融機関ではカードローンというサービスを提供しています。
このサービスは金融機関の発行する専用のカードを利用して、コンビニや銀行のATMでお金を借り入れることができるサービスです。カードの発行は無料で、年会費も掛かりません。
金融機関のホームページから簡単に申し込みすることができます。
申し込みには利用者の個人情報と本人確認できる書類が必要です。
最近の本人確認は運転免許証や保険証の画像を添付する方法が主流です。
この方法を採用している金融機関は申し込みがネットだけで完結するので楽です。
申し込みが完了して審査に通れば、後日指定の住所にカードが届きます。カードは届いたその日の内から利用できます。

カードローンの上手な使い方として、生計費としてお金を使う方法と事業目的でお金を使う方法があります。生計費は文字通り生活を行う上で必要なお金です。
お金を借りる理由として最も多いのが生計費です。
次に事業目的ですが、これはお金を稼ぐ目的でお金を使うという意味です。
例えばパソコンを買って、そのパソコンで仕事をして利益を出したり、買ったパソコンを転売して利益を出したり、といった事は事業目的となります。前者の場合は許容されますが、後者の転売行為は金融機関次第でアウトになります。

カードローンでお金を借りると金利が付きます。
金利は支払利息の計算に用いられます。
例えば、金利18%で10万円を借りて、毎月1万円ずつ返済すると支払利息は1万円以上になります。借りた10万円と合わせて合計11万円以上を返済することになります。
支払利息は返済が長引くと増えていくので、カードローンを上手に使うなら短期間でまとめて返済するのが良いと考えられます。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ