主婦がカードローンを借りるには

主婦がカードローンでお金を借りることはできるのでしょうか。できるのなら、どうすればよいのでしょう。

これは、一口に主婦といっても、本人に収入があるのかどうかに左右されます。主婦であっても、仕事をしている人は今の時代いくらでもいます。それこそ男性顔負けのキャリアウーマンでありながら、家庭では妻としてまた母として家事を一手に引き受けているような人など今は珍しくもなんともありません。

このような人は、カードローンでお金を借りることも全く問題ありません。普通の会社員や公務員と同じような扱いであり、本人の勤務先や勤続年数、年収、それに信用情報などの審査を受けた結果として、お金を借りることができます。

問題となるとすれば、妻でありまた母であるとしても、本人自身には収入のない人、つまり専業主婦です。夫の収入でもって家計を切り盛りしているような人です。この場合は、少々話は厳しくなります。基本的にカードローンでお金を借りるための条件として、安定した収入のあることというように規定されているところが多いためです。そして、ここで言う安定した収入というのは、本人自身が勤めていて、給料を得ていることを指します。いくら夫が働いていて、その給料は主婦として事実上自由に使っているとしても、ここで言う収入とは見なしてもらえません。

こういう条件の場合、カードローンでお金を借りるのは無理ということになります。ではどういう方法があるかというと、ごく単純な話としては夫が借りるということが考えられます。自分自身が仕事をして給料を得ている夫であれば、当然この条件には当てはまりますから、カードローンでお金を借りることも十分に可能でしょう。家計を一手に切り盛りしている主婦であれば、結局のところ、夫が自分の名義で借りたお金であっても、自分の意図したように使うことができるということでしょうから、自分が借りるのと事実上同じということができます。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ