ローンの返済方法は契約前に確認が必要

ローンの返済方法は、金融機関によって、また商品によっても異なっているので、契約をする前に確認をしておきましょう。

クレジットカードの場合には、リボ払い、分割払い、一括払い、二回払い、ボーナス払いといった返済方法がありますが、ローンの場合には分割払いもしくはリボ払いになっています。一括払いという返済方法はなく、翌月に一括で返済をしてしまったとしても、1か月分の利息はかかってしまいます。

一般的なローンならば、ほとんどの場合に分割払いとなっています。住宅ローンなどでは、分割払いに加えて、ボーナス払いも併用できることがあります。基本的には、毎月一定の金額が口座から自動的に引き落としされるようになっています。

繰り上げ返済が自由にできるかどうかについては、必ず確認しておきましょう。繰り上げ返済で手数料がかかる場合には、お金に余裕ができても手数料を気にしてしまうため、返済の自由度が低くなってしまいます。

キャッシングやカードローンの場合には、分割払いではなく、リボ払いとなっていることに注意が必要です。リボ払いなので、毎月の引き落とし額の負担は小さめになりますが、その分完済までの期間が長くなり、利息が多くかかってしまいます。しかし、会員画面にログインをして申請をしたり、電話で連絡をしたりすることで、毎月の引き落とし金額を増やすことも可能になっているケースが多いです。

銀行のカードローンでは、口座からの自動引き落としとなっていることが多いですが、大手の消費者金融などではATMから返済をしていく場合や、銀行振り込みになっているところもあります。その場合には、手数料も気にしておきましょう。

中小規模の貸金業者では、銀行振り込みにしか対応していないことも多いです。振込先が地方銀行となっている場合には、手数料の負担が大きくなります。消費者金融を利用するとしても、なるべく口座からの自動引き落としやインターネットバンキングに対応している大手の消費者金融で借りることがおすすめです。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ