銀行で提供している様々なローン

消費者金融は、カードローンという形でしかお金を融資していませんが、銀行では、カードローンだけでなく、様々な形でお金を融資しています。

例えば、マイホームを購入する場合は、千万から億の単位の資金が必要になります。 このような金額のお金をカードローンで賄おうとしても、借り入れ限度額は一千万円以下に設定されていることがほとんどですので、到底賄うことができません。 しかし、銀行が提供する住宅ローンを利用すれば、マイホームの購入価格に応じた借り入れ金額で、しかもカードローンよりも、ずっと低い金利でお金を借り入れることができます。 なぜ、そのようなことが可能なのかというと、万が一返済が滞ったときのために、マイホームを担保に設定しているためです。

一方で、カードローンの方は、担保となっているものが何もなく、その人の返済能力だけを信用してお金を貸し出すことになるため、比較的高い金利が設定されているということになります。

担保に設定できるのは、マイホームだけで限らず、購入する自動車を担保にするマイカーローンなどを提供している場合もあります。
ですので、銀行に相談すれば、消費者金融では提供できない金融商品を利用してお金を融資する提案を受けることができる可能性もあります。

消費者金融では基本的に担保を設定してお金を貸し出すというサービスを行っていません。
ですので、担保にできるような資産を所有していて、大きな金額のお金を融資してもらいたい場合は、消費者金融ではなく、銀行に相談すれば何か良い方法を提案してくれる可能性があります。

担保が設定されている融資は、返済が滞った場合は、担保に設定した資産を売却して、充当すれば、貸し倒れのリスクを回避することができるため、金利は安く設定されています。 ただし、返済が滞った場合は、担保に設定されている資産は売却されてしまう可能性があることは、前もって充分に認識しておく必要があります。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ