カードローンの審査について

カードローンには審査が付き物です。この人にお金を貸して本当に大丈夫か、いくらくらいまでなら大丈夫そうかということを確認し、判断するのが審査であるとも言えます。
このような確認も判断もなしにただ言われるがままにお金を貸してくれるとようなところはこの世の中にありませんから、カードローンには審査が付き物なのです。

さて、審査でうっかりしやすいポイント、あまり気にしていない人も多いけれども、引っ掛かりやすいポイントを紹介しましょう。
それは勤続年数です。ある程度以上の年齢の人、つまりそれなりに社会人経験が長いと考えられる人なのに、勤続年数が例えば数ヵ月程度しかないといった人の場合、ローン審査に落とされる可能性が高くなります。
そんなことを言っても、今の時代転職はもはや当然のことで、転職直後は勤続年数が短くても当然だろうといわれるかもしれません。
確かにそのとおりかもしれませんが、ローン会社としては、勤続年数の短い人は、職を転々としている人ではないだろうかというのが気になるものなのです。
今回の転職はそういう意味での転職ではないと主張したい人もいるでしょうが、ローン会社の人にそんなことは分かりません。
今の職場もまたすぐに辞めてしまって、その後はもしかしたら定職がみつからないかもしれないぞと危機感を抱かせてしまうのです。

これに対処する方法としては、もちろん転職後すぐにはローンを申込まないことです。
せめて半年、できれば1年間くらいは我慢したほうが他の条件は全て同じでも落とされる確率がぐんと下がります。
しかし、転職というのは得てしてお金がかかるものです。一番借りたい時期に借りられないというのはマイナスが大きいかもしれません。
そこで考えられるのは、少しでも不安があるような状態なのであれば、前の会社を退職してしまう前にローンを借りておくことです。
こうすれば、勤続年数の短さによるマイナスを払拭することが可能です。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ