カードローンは繰り上げ返済するほど利息を抑えられる

カードローンは原則として繰り上げ返済ができるので、都合に合わせて借り入れ期間を圧縮することができます。

当初は3年完済プランを立てていても、前倒しして1年で完済するのもありなのです。
短期返済をすると毎月の負担が大きくなりますが、その代わりに利息を減らせるメリットがあります。
カードローンの利息は自動車ローンなどと比べて高いので、なおのこと利息を減らしていく工夫が必要なのです。
繰り上げ返済は好きなときに行えるので、財布にお金が多く入っているとき、ボーナスが出たとき、などに行っておくといいでしょう。
通帳にお金を入れておいても利息はほとんどつかないので、預金するより返済したほうがお得なのです。

カードローンの金利は年率で表記されていますが、1日でも早期完済したほうがお得になります。
1年間365日として利息計算をするので、漠然と借入期間を延ばしてしまうのは避けましょう。
3ヶ月で無理なく返せるなら、4ヶ月に引き延ばす必要はまったくないのです。
1ヶ月延ばした分の利息は増えてしまうので、無理をせず早期完済をしてください。

安全にカードローンの利用をするためには、リボルビング返済を設定したほうがいい場合もあります。
毎月の返済額を大きく設定してしまうと、返すのが厳しい月も出てくるでしょう。
収支のバランスは常に安定するものではなく、お金に余裕のある月もあれば、ない月もあるわけです。
ない月も考慮してシミュレーションをしていく必要があるので、余裕を持ったプランを立てておきましょう。
リボで返していく場合だと、月々の金額をかなり少なく抑えることができます。
5,000円以内に抑えることも可能ですが、少しずつ返していると利息がなかなか減りません。
そこで繰り上げ返済も活用して早めに完済するようにするわけです。
繰り上げて早期完済することで信用も高まるので、次回に借りるときも融通をきかせてくれるでしょう。
そうして信用力を積み重ねていけば、金利引き下げ交渉に応じてくれるかもしれません。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ