銀行のカードローンは低金利が特徴

近年、銀行系のカードローンの契約者が増加しています。これまでは、このような商品は消費者金融会社が中心でした。
しかし、数年前に消費者金融業者が総量規制の対象となってしまい、年収の3分の1までしか貸し付けることが出来なくなってしまったのです。
これにより、新規契約者が激減してしまいました。一方、総量規制の対象から外れた銀行のカードローン商品は新規契約者が増加。
現在では大手銀行やインターネットバンクはもちろんのこと、地方の金融機関までもカードローン商品を展開するようになったのです。
銀行系のカードローンの特徴は何と言っても『低金利』であるということです。消費者金融が利息制限法の上限18パーセント(10万円未満は20パーセント、100万円以上は15パーセント)であるのに対し、銀行系カードローンはその殆どが消費者金融以下の金利となっています。
さらに、同じ金融機関で別のローン商品を契約している場合には、さらに金利の優遇措置を受けることが可能となっています。
この低金利によって、非常に利用しやすい商品となっているのです。
また、総量規制の対象外ということですので、本人に収入の無い専業主婦でも、配偶者(夫)に安定した収入があれば契約可能となっているのです。
金利については銀行によって差があります。消費者金融並みの金利設定をしている金融機関もあれば、年利数パーセントという極端に低い金融機関など様々です。
利用者にとってはこの金利を比較しながら契約する金融機関を選択することが出来ます。
殆ど同じ金利設定であった消費者金融とは大きな違いです。
このようなことから年々銀行のカードローンの新規契約者は増加しているのです。
ただし、契約する際には保証会社の保証を受けることが必要となりますが、その保証会社は殆どが消費者金融となっています。
すなわち、銀行系のカードローンを契約するためには消費者金融の審査を受ける必要があるのです。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ