銀行でのローンの借り換えについて

銀行など金融機関ではローンでお金を借りることができますが、借り換えという名前でお金を借りられるとしている商品も数多くあります。いったい借り換えとはどういうことで、どんなメリットがあるのでしょうか。

借り換えというのは、文字通りA社から借りているお金について、同じだけの金額を別のB社から新たに借り入れて、そのお金でA社の借金を完済してしまうようなことを指します。形だけを見ると、借り入れているお金の金額は変わらずに、ただA社から借りているのがB社からの借り入れになるということです。こんなことをして何のメリットがあるのでしょうか。ただ手続きが必要になるだけで、手間がかかるだけではないのでしょうか。

もちろんそうとは限りません。というか、ただ手間がかかるだけでその他のメリットが何もないのであれば、こういうことをする人は誰もいなくなります。銀行などのローン商品に借り換えというものがあるのは、メリットがある場合があるからです。 その大きなものは、金利です。借り入れている金額が同じであっても、金利がA社とB社とで違っていて、B社の金利のほうが低ければ、それだけ返済の負担は低くなります。わざわざ手続きをして手間ひまをかけてもそれだけのメリットが得られるかもしれません。

例えば、A社から100万円を金利18%で借り入れているとしましょう。ここで、同じ100万円を借りる場合、金利15%で貸してくれるB社があったとします。もしA社からの借り入れをそのまま続けていますと、年間の利息負担は18万円になりますが、B社から100万円を借りてそのお金でA社のローンを完済しますと、B社からの100万円のローンだけが残ります。金利は15%なのですから、年間の利息負担は15万円ですみます。両者の差は3万円となり、月々に換算すると2500円もの違いとなって表れてきます。単にB社に申込み、借りたお金でA社を返済するという手間をかけるだけで、月々2500円が浮くとなると大きいでしょう。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ