キャッシングの金利を引き下げるために必要な条件

クレジットカードのキャッシングやカードローンではお金を借りることができます。借りたお金は利息をつけて返済しなくてはなりませんが、利息は金利によって増減します。金利が高ければ毎月支払わなくてはならない利息は増えますし、反対に金利が低ければ負担は小さくなります。より有利な条件でキャッシングするためにはどのようなことをしたらよいのでしょうか。

まず、クレジットカードのキャッシングとカードローンで、金利の設定方法が違います。クレジットカードの場合は信用よりも、カードの仕様として定められていることが多く、交渉する余地はあまりありません。一方カードローンの場合は借りる人によっては設定される金利が異なります。まず大きな条件として、限度額の高さが挙げられます。限度額が10万円未満の場合は20%、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%を上限とする、利息制限法がありますので、これより高くなることはありません。そこから信用力に応じて金利の引き下げが行われます。一般的に限度額が大きいほど低くなりますので、利用しない場合でも限度額を増やせるのであれば増やしておいたほうが、負担が小さくなるでしょう。

カードローンの提供元によっては、それとは別の条件で引き下げが行われることがあります。例えば銀行預金口座を作ったり、証券口座を作るだけで、一定値引き下げが行われるところもあります。利用しているローンにそうした引き下げ条件が設定されていないかチェックしておくと良いでしょう。

信用力が上がれば交渉することができるようになりますが、そのためには毎月しっかりと返済を続けることが必要です。取引金融機関との信頼関係を崩さないよう、何かあったら積極的に相談するようにしましょう。また、他社の利用状況が悪い場合も信用を悪化させることがあります。金融機関は一定期間ごとに信用情報を確認し、データを収集しています。他の会社だからと軽視して滞納することはないようにしましょう。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ