銀行ローンの魅力は低金利で利用できること

最近は、銀行が行うカードローンも増えてきていますが、消費者金融系のものと比べると「低金利で利用できる」という魅力があります。貸金業法や利息制限法など、様々な法律によって消費者金融系の上限金利は18~20%に設定されていますが、平均すると17.5~18%程度の金利で利用することになります。以前と比べると大分低くなっているものの、決して低いとは言えない設定です。

銀行カードローンの場合、消費者金融系のものよりも数%低い金利設定になっているものがたくさんあります。すべてが消費者金融系よりも低金利で利用できるという訳ではありませんが、平均15%程度の設定になっていることを踏まえると、明らかに良い環境で利用できる可能性が高いといっても過言ではありません。ただ、これはあくまでもカードローンに限定して比較した場合の話で、別の商品と比較した場合には圧倒的な違いがあります。

銀行が扱うローンの中には、自動車や不動産を購入するために利用できるものがあります。いわゆる「目的ローン」と呼ばれる商品に関しては、高額融資が見込めるだけでなく低金利での利用も見込めます。使途が限定されているという点を除けば、優先的に利用すべき商品であるといっても良いでしょう。

特に、目的ローンに関しては「実質的な担保がある状態」で契約することになるため、何の担保も必要としない状況よりも審査に通りやすいというメリットもあります。例えば、自動車を購入するためにカードローンを利用する場合、総量規制の影響によって必要額を借りられない可能性があるだけでなく、年間20%近い利息を支払わなければいけません。ところが、カーローンを利用した場合には必要額をすべて借りられるのはもちろんのこと、年間数%の利息で済みます。

200万円の車を購入した場合、約40万円の利息を毎年支払う状況と、約10万円の利息を支払う状況ではどちらが優れているのかは一目瞭然です。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ