キャッシングとローンの違い!便利なのはどっち?

キャッシングとローンは、似ている部分もたくさんありますが、細かい部分は異なります。どちらも金融機関が提供している金融商品であり、借金の一種ですが、両者の利用方法は異なっています。

キャッシングとは、一般的には小口融資のことを指します。昔はキャッシングと言えば、50万円以下の小口融資を受けて、翌月に一括で返済をしてしまうタイプの金融商品のことを指していました。現在のキャッシングは必ずしも翌月に一括返済をするものではありませんが、50万円以下の小口融資を受けるという部分では同じであり、比較的短期間で返済をしてしまうことが前提となっています。そのため、金利は高めに設定されています。

キャッシングとよく似た商品として、カードローンがありますが、カードローンの場合には最大で1000万円までの大口融資に対応しています。しかし、両者はそれほど厳密に区別されているわけではありませんので、カードローンのことをキャッシングと呼ぶこともあります。

一般的なローンとの最大の違いは、限度額が設定されるか否かということにあります。一般的なローンでは、限度額は設定されず、最初にお金を借りて、その後は毎月決められた日に、決められた金額を支払っていくだけになります。現在はカードローンが普及していますので、一般的なローンはやや不便であると感じる人も多いようです。

一方、キャッシングでは、限度額が設定されて、その枠の範囲内ならば何度でも追加融資が受けられます。限度額が50万円に設定されたなら、そのうち10万円だけを借りて、返済が終わらないうちにさらに30万円を追加で借りるということも可能になります。あたかも50万円のお金が入ったサイフを持っているかのように利用ができます。ただし、借金ですので、借入残高に対して利息がかかってきます。50万円のお金が入ったサイフのように利用をしてしまう人がいますが、後になってから利息の計算をしてみたら、膨大な金額になっていることに気がつき、後悔をすることになるという話もあるので要注意です。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ