カードローンとキャッシングの違いは何?

お金を借りられるサービスには様々な物があります。中には似たようなサービスもあるので、違いが分からないという人も多いです。ここではカードローンとキャッシングの違いを紹介します。違いを把握して、利用者に合ったサービスを選ぶと良いです。 CMやネット広告などでも見掛ける機会が多いカードローンは、金融機関の提供しているローンサービスです。このサービスは金融機関の発行するカードを使って、身近な場所のATMからお金を借り入れることができます。カードローンは利用できる層が広く、働いて収入を得ていればパートやアルバイトでも審査に通ります。基本的に借りたお金は自由に使うことができます。事業目的でお金を借りる場合は、利用する金融機関のサービス次第で認められていないことがあるので注意が必要です。カードローンで借りたお金は自由に返済できるのが特徴です

キャッシングはクレジットカードに備わっている機能の1つです。カードローンと同じようにATMからお金を借り入れることができます。キャッシングで借りたお金は月末に締められ、翌月に利用者の預金口座から一括で引き落とされます。クレジットカードを作るにはカード会社の審査に通らなければいけません。カード会社の審査はカードローンの審査よりも厳しく、安定した収入を得ている人が審査に通ります。クレジットカードはキャッシング機能以外にも充実した機能が備わっています。ショッピングの支払いを円滑に済ませる機能やネットバンキングを利用した送金機能は便利です。

2つの特徴をまとめてみると、とにかくお金を借りたい場合は審査に通りやすいカードローンを選ぶのが良いと考えられます。社会人として安定した収入を得ている場合、キャッシング以外にも様々な機能が備わっているクレジットカードを選ぶのが良いと言えます。どちらもお金を借りるサービスなので、しっかり返済できる手段を考えておきたいです。利息が発生する場合は、ローンシミュレーションを利用しておくのも良いです。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ