銀行のカードローンの審査について

銀行でカードローンを申し込むとその後に審査が行われます。この審査の内容はどのようなものでしょうか。これは、主に3つくらいの観点から行われると思って構いません。一つはもちろん仕事というか収入の観点です。カードローンでお金を借りるのは保証人も担保も不要なのですから、仕事や収入の面がしっかりと審査されるのは仕方がありません。

仕事や収入というと、年収の高さとか、正社員でないといけないのかなどが確認対象となると思っている人がいますが、これは必ずしも当てはまりません。年収は確かに低いよりは高いほうがよいのは間違いありませんが、単に多いか少ないかというだけでなく安定しているかどうかも重要な要素です。この点は、フルタイムで働いている人であればさほど問題はないでしょう。つまり、毎月ほぼ決まった月給をもらっているような人です。一方で、自営業、自由業の人の中には、収入の多い月もあれば少ない月もあるというような人もいます。こういう人は、たとえ年収そのものがそれなりに高くても厳しい結果になることがあります。

観点の二つ目は、仕事以外の生活面です。主には住居と家族が検討対象です。持ち家に住んでいる人は賃貸の人よりは有利です。いざというときの資産という意味はもちろんですが、それと同じくらいに、持ち家の人は少々のことでは引っ越してしまったりはしないだろう、賃貸の人は、いざというときにあっさりと引っ越してしまうなどして行方知れずになるのではないかということもあります。家族に関しても、一人暮らしの人は同様の目で見られがちです。家族と同居しているような人は、同居家族の手前もあって、多少無理をしてもカードローンの返済をしてくれるだろうと銀行に見込まれているわけです。

最後の審査の観点は、過去のカードローンの返済状況などです。他社のカードローンを借りたことがあるのか、返済はきちんとしているのかといったことも重要な要素です。

カードローンおすすめ
カードローンおすすめ